祭事・催し

トップページ > 祭事・催し

竹駒神社の祭事は年の始めの歳旦祭にはじまって、大晦日の大祓式・除夜祭に至るまで、年間を通じて40回前後に及び執り行われます。中でも重要な祭事は初午大祭です。旧暦2月の初午の日から7日間にわたって斎行され、多くの参拝者で町一帯が大変賑わいます。初午祭期間中には神幸祭(神輿渡御)も行われます。

一月

1月1日 午前8時 歳旦祭
歳旦祭は1月1日に新年を迎えて、国家の安寧・皇室の弥栄と国民の平和、五穀豊穣及び産業の隆昌を祈念いたし、お祝いされます。
1月11日 午前11時 初献膳祭
 
1月14日 午後3時 松焚祭(どんと祭)


1月14日の夜から翌15日の暁にかけて行われ、門松や正月飾りを焼きます。左義長・どんと祭ともいわれます。地域の人々も自分の家の物を持ち寄り、お焚き上げをします。
この火に当たると若返るとか、団子を焼いて食べると病気をしないとか、書き初めを燃やして高く舞い上がると字が上手になる、残りの灰を持ち帰って家の周りに撒くと虫除けになる・・などのいい伝えがあります。
この夜は裸参りをする団体が数組あります。

二月

2月1日 午前8時 旧正月初詣祭  
2月1日 午前11時 月次祭  
2月10日 午前9時 新暦初午祭  
2月11日 午前8時30分 橿原神宮遥拝
 
2月17日 午前11時 祈年祭(としごいのまつり)
2月17日に全国の神社で行うもので、特に当社では、御祭神稲荷大神の御神徳に最も関係が深く、今年の五穀豊穣を祈願する大祭で、当社の三大祭のひとつです。
2月23日 午前11時 天長祭
 
2月28日 午前8時 旧暦正月明神講祭 旧暦1月28日に行う祭事です。 稲作の成育過程の節目に合わせ稲の順調な生育と養蚕の安全、合わせて氏子崇敬者の平安を祈願します。

三月

3月1日 午前11時 月次祭  
(3月6日~12日)
3月6日

午前9時
午前10時
初午大祭
初午大祭一番祈祷
銘菓奉献祭
初午大祭は竹駒神社最大の行事であり、一年を通じての農事・養蚕準備の祭として執り行われます。かつては100日間にもわたって馬市が催されたこともありました。神輿渡御に際しては、行列の先頭に立って進む竹駒奴(岩沼市指定無形文化財)がこのお祭りの特色ともなっています。
竹駒神社の初午祭が、東北地方の春祭りの先駆けをなすものであったので、各地の興業主が参集してその年の最初の興業を打ち、その年の巡業予定を話し合いで割り当てたといいます。
御祭神が百穀の神であり、又養蚕の守護神でもあられるので東北六県の崇敬者の人々が、その年の豊作を祈願し、農業の安全を願い、家内招福の祈りを捧げました。
近年における竹駒神社の初午大祭は、期間中に、初日は全国銘菓奉献会・献茶会、日曜日もしくは土曜日に神輿渡御、五日目に例祭、そのほか七日間、絵画展・社宝展・植木市などの行事があります。
  午前10時 初午大祭神輿渡御

竹駒奴
3月10日 午前11時 例祭
3月12日 午後5時 初午大祭最終祭
3月30日 午後3時 宇賀神社例祭(境内社)
 

四月

4月1日 午前11時 月次祭  
4月15日 午後4時 総社宮例祭(境内社)
 
4月25日 午前11時 播種祭
播種祭には、ひとめぼれの種籾が供えられます。祝詞奏上の後、御神前から下げられた種籾を折敷に取り分けた後、宮司をはじめ参列した総代・関係者が苗代に播種します。
4月29日 午前10時 昭和祭
昭和天皇の誕生日である4月29日に際して、我が国にとって未曾有の大戦を経て我が国を復興、発展に導かれた昭和天皇の大業を称え、皇室の弥栄と国の益々の発展、そして文化の振興と産業の増進、永遠の平和を祈るお祭りで、中祭にあたります。

五月

5月1日 午前11時 月次祭  
5月23日 午前10時30分 御田植祭
竹駒穂徳田にて斎行される神事です。古式ゆかしく祭儀を斎行し、御神前に供えられた早苗を男女50名ほどの田人・早乙女(宮城県農業大学校生)に御下げ渡し、田歌が歌われる中、一株ずつ手作業で植えられます。
田歌 “今年や竹駒の稲荷田植えて、年の暮れには嫁に行く・・・”

六月

6月1日 午前11時 月次祭  
6月26日 午前8時 旧暦五月明神講祭 旧暦5月28日に行う祭事です。 稲作の成育過程の節目に合わせ稲の順調な生育と養蚕の安全、合わせて氏子崇敬者の平安を祈願します。
6月30日 午後3時
夏越の大祓
大祓によって半年間(1月~6月)に日々の生活の中で、知らず知らずに身についた罪や穢れ災厄などの不浄なものを祓い、清らかな状態で次の半年(7月~12月)を過ごせるよう願う、6月30日に行われる神事です。
※6月中旬頃より手水舎前に“茅の輪“が設けられ、潜り抜けることができます。

七月

7月1日 午前11時 月次祭  
7月24日 午後4時 愛宕神社例祭(境内社)
 

八月

8月1日 午前11時 月次祭  
8月25日 午後4時 北野神社例祭(境内社)
 

九月

9月1日 午前11時 月次祭  
9月10日 午後4時 八幡神社例祭(境内社)
 
9月12日 午前11時 抜穂祭


抜穂祭は、黄金色に実った稲田の御祓いの後、宮司祝詞奏上に引続いて雅楽が奏でられ、宮司始め関係者及びカスリの作業衣に身を固めた早乙女等によって、稲田に立って1本1本丁寧に稲穂が抜き取られます。
祭員によって3つの束に整えられて御神前に供えられ、参列の各関係者代表による玉串奉奠、拝礼して祭儀が終わります。
9月23日 午前9時 物故役職員御霊祭
9月25日 午前9時
秋季大祭当日一番祈祷


秋季大祭は例年9月第4土・日曜日の2日間行われます。豊穣の秋を迎えて御神恩に感謝を捧げる祭りです。前日祭には、世界芸能社奉納の芸能まつりなどが神社外苑で開催され、小学生の竹駒ミニ奴も行進して演技を披露します。
秋季大祭には、朝から竹駒音頭・竹駒ばやしの山車、午後は小神輿四基(青龍・白虎・朱雀・玄武)、また市内各町内会子ども会奉賛のたる神輿が多数繰り出し、小学生の竹駒ミニ奴も行進して演技を披露します。交通安全ふれあい広場、東北弓道大会(躬修殿)などが盛大に開催され、氏子崇敬者の参拝で賑わいます。

※令和4年度の神輿渡御等の神賑行事は、県内の新型コロナウイルス拡大の為、全て中止となっております。
9月25日 午前11時 御鎮座千百八十年奉祝大祭

9月26日 午前9時 御社殿復興記念当日祭

十月

10月1日 午前11時 月次祭  
10月17日 午前9時 神嘗奉祝祭
10月17日に、皇室の祖先である天照坐皇大御神に、その年の新穀を供え奉る『神嘗祭』伊勢の神宮で斎行され事を奉祝し斎行される神事です。
10月23日 午前8時 旧暦九月明神講祭 旧暦9月28日に行う祭事です。 稲作の成育過程の節目に合わせ稲の順調な生育と養蚕の安全、合わせて氏子崇敬者の平安を祈願します。

十一月

11月1日 午前11時 月次祭  
11月3日 午前8時30分 明治神宮遥拝
 
11月13日 午前11時 恵比須講祭
 
11月23日 午前10時 新嘗祭
11月23日に行われる新嘗祭は当社の三大祭のひとつです。
現在、この日には御神田「穂徳田」よりの初穂と、氏子崇敬者からは、神々のご守護により、立派に収穫できた自作の新穀をお供えし、感謝を捧げております。

十二月

12月1日 午前11時 月次祭  
12月上旬 煤払い神事
 
12月16日 午後3時 秋葉神社例祭(境内社)
 
12月22日 午前11時 冬至入祭
冬至は二十四節気のひとつで、この日は北半球では正午の太陽の高さが一年中で最も低く、昼が最も短い日です。この日を境にして日一日と昼の時間が長くなることから、新しい生命の息吹をいただく大切な日とされてきました。
冬至入祭には、まず参拝者一同が神殿において、開運祈願、一粒万倍の祈祷が奉仕され、御神田より収穫された米で餅がつかれ、直会では餅料理が振る舞われます。
12月31日 午後3時 師走大祓
6月30日と12月31日の2回行われる神事では恒例の祭事です。生活の中で知らず知らずに身についた、罪や穢れ、災厄をお祓い致します。大祓によって、1月~6月、7月~12月の半年間についた不浄なものを祓い、清らかな状態で次の半年を過ごせるよう、祈念しております。
12月31日 午後4時 除夜祭

宮城県岩沼市稲荷町1-1
tel 0223-22-2101

開門6:00 閉門17:00

JR東北本線、常磐線「岩沼駅」の東口より徒歩で約15分