「夏越の大祓」のご案内 ~当日ご参列出来ない方へ~

トップページ > 「夏越の大祓」のご案内 ~当日ご参列出来ない方へ~

夏越なごし大祓おおはらえ」のご案内
 ~当日ご参列出来ない方へ~

初夏の涼風が誘う時季を迎え、皆様方には益々ご清祥の御事とお慶び申し上げます。
さて、今年も早いもので水無月の「夏越の大祓」を執り行う時節となりました。
「夏越の大祓」とは、常に清らかな気持ちで日々の生活に勤しむことが出来るよう、「」をくぐることにより、諸々の厄難の原因となる罪・穢れを祓い清める神事です。この「茅の輪くぐり」はちがや を束ねてつくった「茅の輪」を社頭に設け、これを3回くぐることにより、半年間の穢れが祓われ、災厄や疫病から逃れられるとされています。(蘇民将来伝承による)
現在国内に蔓延している疫病(新型コロナウイルス )退散の願いを込め、身についた半年間の罪・穢れを「人形ひとがた」(形代かたしろ)にうつして祓い清め、清々しい新たな気持ちで残り半年の運気を高め、心に憂い無き年にしたいものです。
当神社では、この「夏越の大祓」を来たる6月30日午後3時より執り行いますが、当日ご参列出来ない方については、下記の通り郵便にてお申し込みの上、大祓をお受けになられますようご案内申し上げます。

水無月の夏越しの祓する人は  
    千年ちとせの命 ぶというなり

一、人  形 「人形」の中ほどに氏名及び生年月日をご記入いただき、「人形」に息を3回吹きかけた後に
はらたま ひ 清め給へ」と3回唱えながら全身を撫でて下さい。 
※「人形」については型紙をプリントしてお使いになるか、画像の通り白紙を切り抜いてお使い下さい。


一、御  守 一世帯に一体「魔除(厄難消除・疫病退散)の茅の輪守」をお頒ち致します。
※ご自宅・会社等の玄関又は神棚にお祀り下さい。

一、御初穂料 「人形」それぞれ一体に付き、500円以上のお志でお納め下さい。
一、申込方法 現金書留にて初穂料と「人形」を同封いただき、6月27日までお送り下さい。

送り先:〒989-2443岩沼市稲荷町1-1
問合せ先:℡0223-22-2101  竹駒神社社務所

茅の輪について ~蘇民将来伝承~

その昔、南方へ旅に出かけた武塔神むとうのかみが、宿を借りようと2人の兄弟のところを訪ねた。
はじめに裕福な弟の巨旦将来こたんしょうらいに宿泊を願い出たが断られたので、今度は兄の蘇民将来そみんしょうらいの家を訪ねたところ、これを快く受け入れて一夜の宿を貸し、貧しいながらもおもてなしをした。
その後、数年経て武塔神はその恩に報いるべく再び蘇民将来の家を訪れ、蘇民将来の娘の腰に茅の輪をつけさせて、「私は素戔嗚尊(すさのおのみこと)である。後世に疫病が広まった時、蘇民将来の子孫と言い、茅の輪を腰につけていれば疫病から逃れることが出来るだろう。」と伝えた。その後、蘇民将来の子孫は疫病から守られて幸せに暮らすことが出来たという説話が今日まで伝承されている。
この説話が現在全国の神社で目にする「茅の輪くぐり」の起源とされている。当神社では、この時期魔除の「茅の輪守」を奉製しお頒ちしている。

※諸説あり

宮城県岩沼市稲荷町1-1
tel 0223-22-2101

開門6:00 閉門17:00

JR東北本線、常磐線「岩沼駅」の東口より徒歩で約15分